1stGATE/ファーストゲート Aria ST-500D

VINTAGE FURNITURE

1st GATE
http://www.1stgate.jp/

VINTAGE FURNITURE

1st GATE
http://www.1stgate.jp/

VINTAGE FURNITURE

1st GATE
http://www.1stgate.jp/

スポンサーサイト

Posted by 1stGATE on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Aria ST-500D

Posted by 1stGATE on 09.2011 1stGATEな物   0 comments   0 trackback

ふと思い浮かぶ。
しばらく、あのギターのケースを開けていないと・・・

早速ケースを開けてみると
カビくさい! これはまずい!

と言うことで久しぶりにケースから出してみた。

P1260078.jpg 

Aria ProⅡ ST-500D

精度が高い事で定評のあるマツモクメイド期のAria Pro II
1980年、少年時代に購入したものである。

当時のキャッチコピーには
オールドタイプのクローシャンヘッドには、クルーソンタイプの糸巻。
長い実績で定評のメイプルワンピースネック。
美しいセン単板のボティー。
にマウントされた三個のディマジオFS-Ⅰピックアップが
ファットでトレブリーなサウンドを生み出す。
とある。

st500d-1.jpg  
画像をクリックすると拡大します。


ピックアップにはDimarzio、初期型の「FS-」を3個搭載。
当時定価 1個=18000円だから、定価だと3個で54000円!
当時このギターが5万円なので、ピックアップ代と変わらない価格!お買い得です。
(今時のデジタル一眼レフのレンズキットみたいです。)



P1260079.jpg 

スモールヘッドにクルーソンタイプの糸巻き、
ピックガードが8点止めという57年仕様。

カラーも当時チェリーサンバーストが主流の中、
このタバコブラウン(ブラウンサンバースト)
というのも気に入った理由だった。


購入後すぐにST600Dのネック(ローズ指板)に交換、
(最初からローズ指板のタイプあったようだが)
セレクターSWもシェクターのものへ、
ツマミ類をブラックに交換した。

結構いい音出るのだけれど、
30年以上前のもの、金属部分のさびが・・・
ちょっと悲しい。



MY LIFE STYLE
1st GATE






  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://net1stgate.blog54.fc2.com/tb.php/432-e51d6895

INFORMATION



1st GATE LIFE

WE ARE 1stGATE



 

 



;
私たちは遥名さんを応援してます。
(ボタンを押すと曲が再生されます。)

SEARCH

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。